bleague.jp
MENU

鹿児島レブナイズ

KAGOSHIMA REBNISE

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > WIN!WIN!WIN!5連勝!6/6(日)最終戦 第23節 試合結果及びレギュラーシーズン順位確定のお知らせ

WIN!WIN!WIN!5連勝!6/6(日)最終戦 第23節 試合結果及びレギュラーシーズン順位確定のお知らせ

いつも鹿児島レブナイズの応援誠にありがとうございます。
本日(6/6)、B3リーグ 2020-21シーズン 最終戦 第23節 指宿総合体育館で埼玉ブロンコスと対戦いたしました。
試合結果をお知らせします。
また、本日の結果をもってレギュラーシーズンが終了し、順位が確定いたしましたので合わせてお知らせいたします。
 

試合結果

2020-21シーズン 最終戦 第23節 GAME2 WIN 今季初5連勝

BOX SCOREはこちら

得点

23pts #14デスモンド・ヒューバート

11pts #22レナルド・ディクソン
11pts #35ディオップ・マム・シェッハ・イブラヒマ

7pts #15濱田貴流馬

鮫島和人ヘッドコーチ兼選手


「引退する福田のためにも後悔なく終わろうと気持ちを高めて臨んだ。無事に5連勝で終わることができてほっとしている。タイムシェアをして全員で戦えたことが今日の勝因だったと思う。HCを兼務するようになり選手との両立の難しさをすごく感じたが、同じくらいやりがいも感じた。一選手として成長できた期間でもあったので、チャレンジする機会を与えてもらえたことに今は感謝している。」

#41松崎圭介 キャプテン


「5連勝でシーズンを終えることができたことは、来季に繋げられたと思う。本当に苦しいシーズンで、HCが変わったり選手兼務であったりと今まで無かったことの中で、これだけ前に進めたことはチームにとってプラスだと思う。これからいい方向に変わっていくと思うので、引き続き見守っていてほしい。」

#10林亮太



「コロナ禍の中、シーズン最後まで戦えたことに感謝の気持ちでいっぱい。チームの最年長なので正直進退を考えて今シーズン挑んでいて、最年長として一番しんどい時期を松崎と一緒に支えてきて、昨年鮫島と藤田が帰ってきて、選手としての役割はある程度全う出来たと思っている。僕自身レブナイズのために5年間捧げてきて、次のステージにステップアップするときかなと感じている中で、最終戦鮫島・松崎・藤田・エースの川上の成長もあって、逆に自分が支えられている存在になってきていて、悲しい・寂しいではなくすごく心強く感じている。その後輩たちの思いを最後シュート決めることが出来て良かった。」
 





■2020-21 B3リーグ レギュラーシーズン順位表

順位

クラブ

勝率

1

アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城

.816(31勝7敗)

2

トライフープ岡山

.750(30勝10敗)

3

東京エクセレンス

.737(28勝10敗)

4

ベルテックス静岡

.700(28勝12敗)

5

岩手ビッグブルズ

.650(26勝14敗)

6

豊田合成スコーピオンズ

.525(21勝19敗)

7

東京八王子ビートレインズ

.361(13勝23敗)

8

岐阜スゥープス

.325(13勝27敗)

9

鹿児島レブナイズ

.275( 11勝29敗)

10

金沢武士団

.250( 10勝30敗)

11

さいたまブロンコス

.125( 5勝35敗)


今シーズン終了後のB2・B3入替戦の開催はありませんので、B3からB2への昇格はありません。 2020-21シーズン終了後に2クラブがB2へ自動昇格します。
昇格クラブの決定方法については、B3公式サイトをご覧ください。
こちら