bleague.jp
MENU

鹿児島レブナイズ

KAGOSHIMA REBNISE

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 楠本和生ヘッドコーチ2019-20シーズン契約満了のお知らせ

楠本和生ヘッドコーチ2019-20シーズン契約満了のお知らせ

いつも鹿児島レブナイズの応援誠にありがとうございます。
この度、鹿児島レブナイズでは、楠本和生氏との2019-20シーズンのヘッドコーチ契約が満了となりましたのでお知らせいたします。

楠本和生(くすもと かずお)

生年月日:1964/5/31
出身地:大阪府
経歴:2016-17 東京サンレーヴス ヘッドコーチ
   2017-18 鹿児島レブナイズ ヘッドコーチ
   2018-19 岐阜スゥープス ヘッドコーチ
   2018-19 東京サンレーヴス ヘッドコーチ
   2018-20 埼玉ブロンコス ヘッドコーチ
   2019-20 鹿児島レブナイズ ヘッドコーチ

【本人コメント】
2019-20シーズン鹿児島レブナイズに関わって頂いた皆さま。
新型コロナウィルスの影響でシーズン1/3を残しての閉幕となってしまい、我々にとっても皆さまにとっても歯がゆい悔しいシーズンとなってしまいました。
というのもラストゲームとなったアイシンAW戦から立ち直り、チーム一丸で自分自身にそして自分達にフォーカスできるようになったところでした。
そして鹿児島県内での感染者が少なかったこともあり、シーズン中止の報告があった日まで、このチームでこのメンバーで勝ちたい。 勝って皆さまに笑顔を届けたいとハードワークを続けました。
中止の一報が入る前日には主力選手が練習中に怪我をするアクシデント。 私は彼らに伝えました。 大きな怪我で来シーズンまで棒に振るようなことになれば、あまりにも不幸だ! でも選手達は逆に最後の最後まで練習をしたいと、逆に怒られるぐらいでした。
私はここで契約満了となりますが、鹿児島レブナイズは必ず強いチームとなり、B2に復帰するものだと信じています。 鹿児島に住んで10ヶ月 多くの方々に支えられ過ごすことができました。
来シーズン開幕、その前に鹿児島国体と未定な部分ばかりの社会情勢ではありますが、しっかりとゴールを見据えてリスタートしてくれると思います。
長々となってしまいましたが、思いはただひとつ。 今シーズンも支えて頂いた皆さまに感謝です。
いつ再熱するかわからない新型コロナウィルスの感染。
くれぐれもお身体にはご自愛いただき、またバスケットボールをお観せできる日まで!
ありがとうございました。