bleague.jp
MENU

鹿児島レブナイズ

KAGOSHIMA REBNISE

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 5/5(日) 最終戦 ファイナルステージ 第7節 vs 岩手ビッグブルズ 試合結果及び順位確定のお知らせ

5/5(日) 最終戦 ファイナルステージ 第7節 vs 岩手ビッグブルズ 試合結果及び順位確定のお知らせ

いつも鹿児島レブナイズの応援ありがとうございます。
B3リーグ2018-19シーズン 最終戦 ファイナルステージ 第7節
本日(5/5)鹿児島アリーナで岩手ビッグブルズと対戦いたしました。
試合結果をお知らせします。

試合結果

最終戦ファイナルステージ 第7節 GAME2

PLAY BY PLAY・BOX SCOREはこちら

得点

34pts #0シェルトン・ボイキン

15pts #50ジージオ・ベイン

10pts #41松崎圭介
9pts #10林亮太

鮫島俊秀HC

4Qは今シーズンの集大成のつもりで戦った。来シーズンへ繋げるために若い選手をつかった。こぼれ球や運動量でリバウンドは修復したが、どっちにボールが転ぶかという展開の中、昨日と一緒で最後のシュートの一本が決められなかった。宿題が残ったが、そういう意味では来シーズンへ繋がるゲームとなったのではないかと思う。

キャプテン #2玉田博人

最終戦ホームで悔しい結果。今シーズンの勝率は満足いく結果ではない。上を目指していける強いチームになりたい。しかしチームとしても個人としても成長はできた1年だった。


 

2018-19 B3ファイナルステージ順位表

 

 

順位

クラブ

勝率(勝敗)

勝ち点

1

東京エクセレンス

.917(11勝1敗)

4.0

2

大塚商会越谷アルファーズ

.667(8勝4敗)

3.5

3

東京サンレーヴス

.583(7勝5敗)

3.0

4

岩手ビッグブルズ

.500(6勝6敗)

2.5

5

岐阜スゥープス

.333(4勝8敗)

2.0

6

鹿児島レブナイズ

.250(3勝9敗)

1.5

7

埼玉ブロンコス

.250(3勝9敗)

1.0

※鹿児島と埼玉は勝率が並んだが、当該クラブ間で対戦したファイナルステージすべてのゲームにおいて鹿児島の勝率が高いため、鹿児島が上位となる。

ファーストステージ・レギュラーシーズン・ファイナルステージの勝ち点の合計による順位表

 

順位

クラブ

1st

RS

FS

合計

1

東京エクセレンス

2.5

5.0

4.0

11.5

2

大塚商会越谷アルファーズ

3.0

4.0

3.5

10.5

3

東京サンレーヴス

2.0

3.0

3.0

8.0

4

埼玉ブロンコス

1.5

2.5

1.0

5.0

5

豊田合成スコーピオンズ

4.5

4.5

6

岐阜スゥープス

1.0

1.5

2.0

4.5

7

岩手ビッグブルズ

0.5

1.0

2.5

4.0

8

アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城

–  

3.5

3.5

9

鹿児島レブナイズ

0.0

2.0

1.5

3.5

10

東京海上日動ビッグブルー

0.5

0.5

※豊田合成と岐阜は勝ち点の合計が並んだが、当該クラブ間で対戦したレギュラーシーズンすべてのゲームにおいて豊田合成の勝率が高いため、豊田合成が上位となる。
※アイシンAWと鹿児島は勝ち点の合計が並んだが、当該クラブ間で対戦したレギュラーシーズンすべてのゲームにおいてアイシンAWの勝率が高いため、アイシンAWが上位となる。
 


▼ブースター感謝祭2019
参加費無料!事前申し込みナシ!