bleague.jp
MENU

鹿児島レブナイズ

KAGOSHIMA REBNISE

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 鹿児島レブナイズ現況についてと経営方針についてのお知らせ

鹿児島レブナイズ現況についてと経営方針についてのお知らせ

鹿児島レブナイズを応援してくださる全ての皆様へお知らせ

 

いつも鹿児島レブナイズへのご支援、誠にありがとうございます。
2017年に、チーム存続の危機に陥った当クラブは、皆様をはじめ沢山の方々に支えられ今こうして活動が続けることができております。本当にありがとうございます。

旧運営会社から株式会社鹿児島レブナイズへクラブの運営母体が移行しスタートした2017-18シーズンですが、既にファーストステージを経てレギュラーシーズンも半ばを越え、激しい順位争いが現在続いているところです。

今シーズンは、新体制による運営が初めてのことで、シーズン当初は準備不足が露呈し、サービスが行き届かない点が多々あり皆様にはご迷惑及びご心配をおかけしたことと存じます。本当に申し訳ありませんでした。この場を借りてお詫びいたします。この点につきましては、会社役員はじめスタッフ全員で問題意識を共有し改善に日々努めているところでございます。また、チームも昨年のチーム存続問題の影響で編成が遅れ、まだ満足とは言えない練習環境の中、現在13勝13敗という結果でありファーストステ-ジ3位、レギュラーシーズン6位と奮闘しております。

鹿児島レブナイズは、シーズン開幕時より、「B2昇格」という目標を掲げて戦って参りました。しかしながら、前述にありますとおり運営面においてまだまだ未熟な点が多く、財務的、チーム強化的においてもB2ライセンス取得はかなり困難な状況にあります。

弊社は、この状況を鑑み、今シーズンそして来シーズンを安定的な運営基盤を確立する時期と定め、今シーズンはB2ライセンスの申請をしないことを決断いたしました。

今後、スポンサー・鹿児島レブナイズを支えてくださっている皆様をはじめ、行政や鹿児島県バスケットボール協会を中心とするステークホルダーとの更なる連携を図り、2018-19シーズンにB2ライセンスを取得するために、一億円以上の売り上げ、チームは優勝を具体的な目標と定め、2019-20シーズン以降B2の舞台で堂々と戦える体制づくりに努めます。

 

現在具体的な動向として資本の増強を進めており、志のある方々から出資をいただいております。とりわけこの度、株式会社ユーミーリンク様が筆頭株主となり、メインスポンサーとしてユーミーコーポレーション株式会社様との契約が決定いたしました。より安定した経営体制、より鹿児島に密着した経営を目指して参ります。

 

この今シーズンB2ライセンスを申請しないという決断は、応援をしてくださる皆様には期待にそぐわない判断かもしれませんが、決して後ろ向きの判断ではありません。
私たちは地元のプロクラブとしての価値を高める努力を続け、10年後も20年後もそして100年後も存在し、鹿児島の誇りとなるべく皆様と共に一歩一歩確実に歩んで参ります。
引き続き、鹿児島レブナイズへのご支援何卒よろしくお願いいたします。

 

 

2018年2月20日
代表取締役会長 園田 明
代表取締役社長 小牧 正英

 

 

 

2017-18シーズン収支報告(2017年7月~2018年6月)

【売上着地予想】
スポンサー収入 3000万円
チケット収入 1700万円
グッズ収入 350万円
その他 350万円

【半期実数】
スポンサー収入 2600万円
チケット収入 393万円
グッズ収入 226万円
その他 245万円